山陽マガジン sanyo magazine

Web

SSL化とは?しないと危険?簡単にご説明します

WebサイトのURLには、「http」で始まる物と、「https」で始まる物の2通りがあります。

httpのサイトとhttpsのサイトでは、データの通信の仕方が異なります。
「http」で始まるサイトは通信の安全性が低いため、主要なブラウザでは、アドレスバーに「安全ではありません」といった表示が出るようになっています。

httpから、安全性の高いhttpsに変えることをSSL化といいます。
今回の記事では、SSL化がなぜ必要なのかや、その仕組みについて分かりやすく解説します。

「http」と「https」の違い

Web上では、重要な情報が日々やり取りされています。例えば……

  • お問い合わせフォームで送信する、名前や連絡先。
  • 購入フォームで送信する、クレジットカード情報。

これらの通信が、もし何者かに盗み見されてしまったら……。大切な情報が、悪意を持った人物に筒抜けになってしまいます。

これを防ぐために開発されたのが、SSLの技術です。
SSL化されたサイト(httpsで始まるサイト)では、通信内容は暗号化されます。例えば「山陽太郎」→「2sajf5x3dmzo」といったように、ランダムな文字列に置き換えられます。

そのため、もし第三者に通信が盗み見されたとしても、書かれている内容を知られずに済むのです。

SSL化のメリット

SSL化は情報漏洩の防止だけでなく、なりすましや通信の改ざん防止にもつながります。

またGoogleは「SSLに対応しているかどうか」を、サイトを評価する要因の一つにしています。SSL化していないと、検索順位が落ちてしまう可能性があります。

ユーザーがサイトに来てくれても、「安全ではありません」「保護されていない通信」といった警告で通信が暗号化されていないことが分かるので、ユーザーが不安に思い、離脱してしまう要因となります。

サイトの安全性はもちろん、アクセス減少やユーザーの離脱を防ぐためにも、SSLの導入は必須です。

SSL未対応の場合は、急いでSSL化されることをおすすめします

SSLに未対応のサイトで漏洩、ということは、実は身近に起こっています。ネットの世界は便利な反面恐ろしいものです。「自分のサイトだけは大丈夫」ということはあり得ません。

改めて様々なサイトを見てみると、協会や企業でも対応していないサイトが見受けられました。

自社のサイトがSSL化していない場合は、急いで対応されることをおすすめします。

SSL化したいときは、どうすればいいの?

SSL化は、方法を検索していただき社内で設定していただくことも可能です。しかし方法を間違えると、ホームページが見えなくなってしまったりすることもあります。

登録の仕方が良く分からない場合や、ご不安な場合は、登録のサポートもできますので、お気軽に山陽印刷にお問い合わせください。

おまけ:SSLとTLSの違い

SSLはバージョンアップを繰り返しており、現在では「TLS」という名称になっています。しかし「SSL」という呼び名が定着しているため、「TLS」も「SSL」と呼ぶことが多くなっています。ですので「SSL」のほか「TLS」「SSL/TLS」と呼ばれることもありますが、大体同じものだと考えていただいて問題ありません。

漠然としたお悩みでも大丈夫です。
なんでもご相談ください。

お見積もり、ご相談は無料です。
お気軽にお問い合わせください。

無料相談・お問い合わせはこちらから
045-785-3434(代) 045-785-3434(代)
営業時間:平日 8:30~17:00